基本的なルール

Hat Trick

ダーツの基本的なルールと得点

ダーツのルールには、共通のものとルールごとに違うものがあります。
共通している基本的なルールとして、まずはラウンドの数え方です。
1ラウンドにつき3本投げ、それをワンスローとします。
この時、ボートに当たらなくても1投と数えます。
次に、投げる位置です。
先端がプラスチックになっているソフトダーツの場合、ボードから244cm離れた位置にあるスローイングラインの後方から投げなければいけません。
最後に、点数の数え方です。
ボードの中央の黒い部分をダブルブルと呼び、得点は50点となります。
同じく中央にある赤い部分をシングルブルと呼び、基本的には25点ですが、ゲームによってはここも50点となります。
赤と青の円のうち、内側の円をトリプルリング、外側をダブルリング、それ以外の部分をシングルと呼びます。
これらの部分はエリアに分けられ、それぞれに数字がかかれています。
シングルではその数字そのままが、ダブルリングとトリプルリングではそれぞれその数字を2倍、3倍にした数字が得点となります。

ダーツのゲームごとのルール

ダーツのルールには、ラウンドの数え方や投げる場所といった共通している部分と、ゲームによって違う部分があります。
例として、よく行われるゲームを見てみましょう。
一つ目はカウントアップと呼ばれるゲームです。
特に細かいルールはなく、ただ8ラウンド、24投を投げて、合計得点が高い方が勝ち、というものです。
戦略が必要ないので、その分技術がよくわかるゲームです。
二つ目はゼロワンというゲームです。
301や501といった決められた持ち点から得点を引いていき、先にゼロになった方が勝ち、というゲームです。
ただし、持ち点をぴったりゼロにしなくてはいけないので、計算しながらプレイする必要があります。
もし持ち点がゼロを超えてマイナスになった場合、そこでそのラウンドは終了となり、持ち点をそのラウンドの1投目を投げる前に戻します。
その性質上、先攻の方が有利になるゲームです。
この他、より細かく複雑なゲームもあります。
それぞれのルールと性質を把握して、ゲームを楽しみましょう。

注目サイト

三河島で歯科を探す
http://yoshi-dental-clinic.com/

Last update:2017/4/7

 

 

 

ダーツの歴史

上達のコツ

基本的なルール

ケースの種類と使い分け

ダーツのグッズ

お問い合わせ

Copyright(C) 2015 Hat Trick. All rights reserved.